石川の温泉に行くならこの旅館がおすすめ!口コミで人気の温泉旅館を徹底比較し、おすすめ形式で紹介しています。

石川でおすすめの温泉旅館の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名ランプの宿加賀屋松乃碧星野リゾート 界 加賀粟津温泉 法師
特徴最高の絶景が堪能できるパワースポットの宿伝統のおもてなしを大切にする宿美術館のような大人のための宿伝統を新しい感性で楽しめる宿美しい日本庭園と北陸最古の秘湯が楽しめる宿
料金3万3,000円~2万2,680円~2万7,500円~2万8,181円~2万8,350円~
送迎ありありあり時期によって変動あり
問い合わせ・予約電話・メール・ホームページ電話・ホームページ電話・ホームページ電話・ホームページ電話・ホームページ
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

石川でおすすめの温泉旅館5選をご紹介♪

はじめまして。私は旅行が大好きな20代の女性会社員です。私は旅行をするときに重視していることがあり、それが宿泊先から見える景色です。いわゆる絶景を楽しめる宿でゆっくりと日頃の疲れを癒やしたいので少し高くても景色のいいところを選ぶようにしています。

中でもお気に入りなのが石川県の温泉旅館で、様々な旅館を調べたり実際に行ったりして素敵な旅館をたくさん見てきました。そこで今回は、そんな私がおすすめしたい石川県の温泉旅館をご紹介したいと思います。これから行く予定がある人、将来行きたいと思っている人の参考になれば嬉しいです。

温泉旅館一覧!

ランプの宿の画像1
絶景に癒やしを求めて…日本一予約の取れない宿

ランプの宿は能登半島の最先端、珠洲岬(聖域の岬)に位置する450年という長い歴史のある宿。客室は全室オーシャンビュー、温泉からも絶景が楽しめることから人気が高く全国から多くの人が訪れます。その人気は日本一予約が取れない宿と言われるほど。

また、この地は日本三大パワースポットの1つでもあり、そのパワースポットを求めて訪れる人も少なくありません。生涯で一度は泊まってみたい宿とも言われています。

おすすめポイント

Point①. 日本一予約が取れない全室オーシャンビュー絶景の宿

Point②. 日本三大パワースポットも人気の秘密

ランプの宿 の基本情報

所在地 〒927-1451石川県珠洲市三崎町寺家10-11
アクセス 羽田空港から最短約2時間。ランプの宿・空中展望台横に 100台の駐車場完備。送迎あり。
価格 一般客室 2万円~2万4,000円
露天風呂付客室 3万3,000円~4万1,000円
露天風呂付離れ(特別室) 5万2,000円~5万7,000円など
加賀屋の画像1
お客様の満足を第一に考えたおもてなしの宿

加賀屋は100年の歴史がある温泉旅館で、常にお客様の満足を第一に考えた心のこもったおもてなしを何よりも大切にしています。部屋によってはオーシャンビューとなり、窓から美しい七尾湾を臨むことができます。

また、この宿で楽しめる温泉は2,000年もの歴史を持つ和倉温泉です。露天風呂はまるで海に浮かぶような感覚の空中露天風呂で、その景色と濃度の濃い湯に癒やされること間違いなしでしょう。

おすすめポイント

Point①. お客様に「ノー」と言わない伝統のおもてなしを大切にする宿

Point②. 純和風の客室やエンターテインメント性に優れた催しが魅力

加賀屋 の基本情報

所在地 〒926-0192 石川県七尾市和倉町ヨ部80
アクセス 東京から電車で約3時間30分、金沢から車で約1時間20分。和倉温泉駅から送迎バスあり。
価格 浜離宮(特別室) 5万2,800円~
雪月花(一般) 3万690円~
能登渚亭(露天風呂付客室) 4万1,600円~
能登客殿(一般客室) 2万4,750円~
能登本陣(一般客室) 2万2,680円~など
松乃碧の画像1
我が家のように過ごせる、おとなのための温泉宿

松乃碧はおとなのための温泉宿をコンセプトにしている宿で、13歳未満のお子様は泊まることができない、まさに大人がゆったりと過ごせる場所です。全室オーシャンビューの客室は、和を残しながらモダンにアレンジされオシャレさと高級さも持ち合わせています。

また、館内の至るところに地元の工芸品である輪島塗や九谷焼などの作品が展示され、まるで美術館にいるような感覚になるでしょう。

おすすめポイント

Point①. 大人だけが楽しめる特別な時間を過ごす宿

Point②. まるで美術館のように伝統工芸が展示された館内

松乃碧 の基本情報

所在地 〒926-0175 石川県七尾市和倉町ワ部34
アクセス 東京から電車で約3時間30分、金沢から車で約1時間20分。和倉温泉駅から無料送迎あり。
価格 和室 2万7,500円~
和洋室 2万7,500円~ など
星野リゾート 界 加賀の画像1
加賀の伝統工芸に触れるモダンかつ伝統的な温泉宿

星野リゾート 界 加賀の1番の特徴は、伝統工芸を常に感じることができるということでしょう。客室は全室加賀伝統工芸の間となっており、九谷焼の茶器や加賀水引などの様々な工芸品があしらわれています。

また、伝統芸能である加賀獅子舞をアレンジした「白銀の舞」も館内で毎日開催されており、間近で加賀の伝統に触れることができます。

おすすめポイント

Point①. 加賀の伝統を存分に感じられる伝統工芸の客室が特徴

Point②. 温泉にも伝統工芸があしらわれ、館内では伝統の獅子舞をアレンジした白銀の舞が楽しめる

星野リゾート 界 加賀 の基本情報

所在地 〒922-0242 石川県加賀市山代温泉18-47
アクセス 東京から電車で約3時間、金沢から車で約60分。期間限定で無料送迎あり。
価格 和室(定員3名) 2万8,181円
和室(定員4名) 3万909円
露天風呂付き和室 3万6,363円
露天風呂付き和室「紅殻の間」 3万3,636円 など
粟津温泉 法師の画像1
美しい日本庭園と北陸最古の温泉に癒やされる

粟津温泉 法師は、1,300年もの歴史がある北陸最古の秘湯と言われる粟津温泉、そして名匠佐野藤右衛門によって造られた日本庭園を楽しめる宿です。皇族や各界の著名人なども利用した 国の登録文化財に指定されている客室をはじめ、様々な客室が用意されています。

食事も定番のコースから厳選コース、また冬には蟹を存分に楽しめるコースなども用意され、加賀の美味しさを堪能できる宿となっています。

おすすめポイント

Point①. 北陸最古の秘湯が楽しめる歴史ある温泉宿

Point②. 季節ごとに表情を変える日本庭園も見どころ

粟津温泉 法師 の基本情報

所在地 〒923-0326 石川県小松市粟津町ワ46
アクセス 東京から電車で約3時間30分、金沢から車で約1時間10分。粟津駅、加賀温泉駅からの送迎あり。
価格 【新春の館】和洋室 2万8,350円~
【春の館】準特別和洋室 2万9,925円~
【秋の館】特別室 蓬莱の間 5万5,650円~
【離れ】延命閣1室 15万7,500円~ など

【NEW】新着情報

    no post

石川県ってどんなところ?



石川県の温泉宿をご紹介する前に、石川県の魅力や宿を取る際のポイントなどをご紹介したいと思います。ここではまず石川県の特徴や文化、グルメなどについて詳しく触れていきます。

石川県の特徴

石川県は北陸地方の日本海側に面しており、日本のほぼ真ん中に位置している県です。お隣には富山県と福井県と岐阜県があり、細長い地形が特徴です。石川県の大きな特徴といえば、やはり豊かな食文化ではないでしょうか。日本海側で楽しめるのは海の幸、山側で楽しめるのは山の幸と、様々な食を一度に堪能できそれを求めて訪れる観光客も多いのです。

石川県のある北陸地方といえば、冬になると大量の積雪があるというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。まさにそのイメージ通り、石川県も冬になると雪が降ることが多く曇りがちな気候になっているようです。ただし、細長い形である石川県では、同じ季節でも地域によって気候の差があるのも特徴です。そのため、遊びに行く際もその地域がどのような気候なのかをある程度知っておくことが大切でしょう。

エリア別に見る石川県

石川県は大きく「能登」「金沢」「加賀」の3つのエリアに分けられ、それぞれに違いがあります。まず石川県の上の方である能登地方は、日本海に突き出ている半島部分で豊かな自然が特徴です。海も緑も楽しめる地域なので、のんびりと過ごしたい人にピッタリだと言えるでしょう。観光スポットとしては、海に面した棚田が美しい「千枚田」、能登でとれた野菜や新鮮な魚が並ぶ「輪島の朝市」などがあります。また、夏になると「能登キリコ祭り」などのお祭りが盛んで、こちらものとの見どころの一つとなっています。

次に金沢ですが、石川県の中央に位置しており県庁所在地でもあります。繁華街やオシャレな買い物スポット、また兼六園や21世紀美術館などの有名観光地もたくさんあるのが特徴です。栄えている町であるのと同時に、金箔や加賀友禅などの伝統文化や武家屋敷、茶屋街などの歴史ある町並みも健在で、今と昔の良いとこが同時に楽しめる地域でもあります。

石川県の下の方に位置するのが加賀エリアです。このエリアが特に魅力的なのは、山中温泉や片山津温泉、山代温泉などの温泉地であること。日頃の疲れをゆっくりと癒やしたいのなら、加賀エリアの温泉地に訪れるのがおすすめです。また加賀では独特な色彩やデザインが人気の九谷焼が伝統工芸として有名で、さらに日本三大名山の1つである白山も、このエリアに位置しています。

伝統文化

石川県は伝統文化も根強く残る地域で、数多くの芸能や工芸が今も受け継がれています。伝統芸能としては、輪島や石川県を代表する太鼓である「御陣乗太鼓」、城下町として栄えた金沢で今も受け継がれている「能楽」、お祝いの際に行われる「獅子舞」、毎年2月に上演される人形を使った舞台「でくまわし」などがあります。

伝統工芸は実に36もの種類があり、国指定の伝統工芸も数多く存在します。中でも有名なのが室町時代からあるとされる「輪島塗」、自由なデザインや色彩で若い人にも人気の「九谷焼」、日本独特の染め物である「加賀友禅」、木目の美しさを楽しむ「山中漆器」、全国生産の99%以上を占めているお祝い事に欠かせない「金沢箔」などがあります。

おすすめご当地グルメ

豊かな食文化が人気の石川県ですが、中でもおすすめのご当地グルメをご紹介します。新鮮な魚介やブランド牛などを使ったご当地丼である「能登丼」は、手軽に能登の美味しいとこ取りをできるご当地グルメです。たくさんの種類がありますが、中でも有名なのが能登牛のヒレステーキをご飯に乗せた「能登牛ステーキ丼」、とれたばかりの新鮮な魚介をふんだんに乗せた「能登朝市丼」などです。ご当地の味をそのまま楽しめるため、石川県に来たら一度は食べておきたいグルメです。

続いておすすめしたいのは「金沢カレー」です。ステンレスのお皿と先割れスプーンで食べるのが金沢流で、スパイスのきいた濃厚なカレーの上に大きなとんかつをトッピングするのがメジャーです。横には千切りキャベツが添えられており、一皿で全てが完結する大満足のグルメです。

安くてボリューム満点の地元で人気のご当地グルメといえば、「ハントンライス」でしょう。オムライスの上にエビフライや白身魚のフライ、お肉などが乗せられケチャップとタルタルソースで味付けがされています。お腹いっぱい食べたいときにおすすめのご当地グルメです。

大人向けのご当地グルメとして外せないのは、「金沢おでん」です。加賀野菜や車麩、また旬の魚介などを使った金沢おでんは、独特のコクがあるだしが特徴で、冬には蟹の甲羅に身と卵、みそが詰められた「かに面」が出回り、はお酒好きにはたまらない一品となっています。

石川県にはまだまだ紹介しきれないほどの美味しいご当地グルメが多数あり、1泊や2泊の旅行では食べきれないほどです。せっかく石川県に行くなら、こういったご当地グルメを思う存分楽しみたいですね。


・石川県は能登、金沢、加賀の大きく3つのエリアに分けられる
・今も受け継がれている伝統芸能や伝統工芸が多数
・ご当地グルメもたくさんの種類があり、どれも魅力的なものばかり

石川県に行くならここは外せない!おすすめの観光スポット



それでは、石川県に行く際に外せない観光スポットについてご紹介します。たくさんの観光スポットがある中で、とくにおすすめした場所を絞って解説していきます。

兼六園

兼六園は金沢市にある回遊式庭園で、国の特別名勝に指定されている日本三名園のひとつでもあります。10万㎡以上もの敷地内には、滝や池、曲水などが多数造られ春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪吊りなど四季によって変わる美しい自然とともに楽しむことができます。

敷地内には甘味処や食事処、また九谷焼などを購入できるお店も並んでおり、庭園内を見て回るだけではなく食べて触れて、楽しむことができるのも魅力です。中でも茶屋「時雨亭」のオリジナル和菓子付き呈茶はおすすめです。入園料金はおとな310円、子供(6歳以上18歳未満)100円とお手頃なのも魅力。

聖域の岬

聖域の岬(珠洲岬)は、能登半島の最先端に位置し、地球規模のサイクルで岬に集まる台地の気流と南からの海流(暖流)、北からの海流(寒流)が波状的に終結する日本でもまれなウルトラパワースポットです。
静岡県の富士山・長野県の分杭峠と並び日本三大パワースポットのひとつに数えられており、“最果ての聖地”として知られ、古くは出雲の国の神話“国引き神話”にも登場した由緒ある地です。

岬が一望できる展望台があり、ここに立ち、朝日や月の出など天体パワーを全身に受けるとより強い「大自然の気」を浴びることができるかもしれません。
展望台の奥には、能登の海を一望できる遊歩道や、青の洞窟への入り口があります。

月うさぎの里

加賀市にある月うさぎの里は、約10種類、約50匹のうさぎが放し飼いにされているテーマパークで、実際にうさぎと触れ合うことができます。抱っこタイム、餌やりなども有料で行うことができ、とくに子供に大人気の場所でもあります。

園内にはうさぎグッズを販売するお土産屋や喫茶店などの飲食店もあり、一日中楽しめることは間違いないでしょう。他にも、オリジナルの香袋が作れたりパイづくりが楽しめたりと体験会も豊富なので、大人もしっかりと楽しめる場所になっています。また、入園料が無料というのは驚きです。

のとじま水族館

のとじま水族館は七尾市にあり、約500種、4万点もの海の生き物を展示している水族館です。日本海側では初のジンベイザメに会うことができることでも有名で、他にもイルカショーやアシカショー、ラッコの食事、ペンギンのお散歩などたくさんの見どころがある水族館でもあります。海釣りセンターも隣接しているので、釣り好きな人にもおすすめのスポットとなっています。

入館料は高校生以上1,850円、3歳以上510円となっています。また、時期によって閉館時間も変わるので、詳しくはホームページなどで確認してみてください。

那谷寺

小松市にある那谷寺(なたでら)は、奈良時代に開創された白山信仰の寺です。境内には本堂や三重塔、護摩堂の他、鐘楼や書院なども重要文化財、そして国の指定名勝である「奇岩遊仙境」もあります。秋はには紅葉が楽しめ、お寺の風景と相まってとても趣深い景色を堪能できるでしょう。

拝観料は大人600円、小学生300円となっています。時期によって拝観時間が異なるので、詳しくはホームページなどを確認しましょう。

見附島(軍艦島)

その昔弘法大師が佐渡から能登へと渡る際のはじめに見つけたことからその名が付けられたとされている見附島は珠州市にある観光スポットです。軍艦のような独特な形をしているこから、通称「軍艦島」と呼ばれているその島は、高さ約28mという巨大さで圧倒的な迫力のある景色を楽しむことができます。

引き潮の時間になると、踏石を歩いて島の近くまで行くことができ、そのあたりで写真を撮影する人も少なくありません。また、見附島に続く浜辺は「えんむすびーち」という恋人の聖地としても知られており、奥のカップルが訪れる場所でもあります。夜には島自体がライトアップされ美しくロマンチックな景色を楽しむことができるので、カップルにピッタリの観光地と言えるでしょう。


・石川県内には多数の観光スポットがある
・庭園やお寺など四季折々の景色が楽しめるスポットも多数
・どのスポットも低料金で子供から大人まで楽しめる

石川県に旅行するならいつ・何泊がおすすめ?



実際に石川県に旅行をする場合、どの季節がおすすめなのでしょうか。春夏秋冬それぞれの見どころと、宿泊数はどのくらいにするべきなのかについて解説していきます。

どの季節が見頃?

まずはそれぞれの季節によってどんな魅力があるのかについて見ていきましょう。春は桜の季節ですが、金沢を始めとしてお花見スポットが沢山あります。例えば兼六園は桜が咲く頃に期間限定の無料開放やライトアップが行われるなど、桜をより素敵に見せてくれます。5月のGW中には、能登で最も大きな祭礼でありユネスコ無形文化遺産にも認定されている「青柏祭の洩山行事」が開催されます。主役となる洩山は高さ約12m、重さ約20トンという巨大なもので、大きな車輪をきしませて方向転換するのも見どころの1つです。

夏は少し気温と湿度が高い石川県ですが、美しい海を楽しむことができるのでおすすめです。とくに「千里浜なぎさドライブウェイ」という浜辺は、なんと日本で唯一ドライブができるビーチなのです。地元では海沿いに車を駐車してトランクを開け、それをパラソル代わりに使うという光景をよく目にするそう。また、夏になると各地でお祭りやイベントが盛んに開催されています。中でも高さ約30m、重さ約10トンの大たいまつを建てる「能登島向田の火祭」、漁師町のプライドをかけて奉燈を担ぐ「石崎奉燈祭」など、華やかでにぎやかなお祭りばかりなので、この時期に訪れるのも良さそうです。

秋の楽しみといえばやはり紅葉でしょう。金沢城や兼六園を始めとした観光スポットでは、秋になると木々が美しく色づき華やで趣のある景色へと変化します。お花見スポットとなっているところのほとんどは紅葉スポットとしても人気で、春と秋でまた別の顔を見せてくれることでしょう。毎年9月20日に開催される七尾市の「お熊甲祭」は、国の重要無形文化財に指定されているお祭りで、天狗の面を付けた猿田彦が舞い踊りながら祭りを先導する姿は見ものです。

冬の見どころとなるのは、雪景色です。実は石川県でも金沢は積雪量が全国で7位と、かなり雪が降る地域なのです。もちろん気温が低く移動が困難にはなりますが、この時期は古くから残る町並みと雪の相性は抜群でなんとも趣深い景色を見ることができます。また、冬は雪で気が折れないよう「雪吊り」という木にロープを巻く光景も珍しく、雪の少ない地域から訪れる人は十分楽しめるでしょう。そんな雪の多い石川でも、桑島地区、白峰地区では毎年2月頃に雪だるままつりが開催されています。これは住民たちが1人1個以上の雪だるまをつくって軒先や空き地に飾ると言うもので、この時期にはたくさんの雪だるまに出会うことができるのです。

結局石川県はどの季節に訪れても魅力的で、見どころがたくさんあるということになります。どの季節だから良いというわけではなく見たい景色や行事に合わせて訪れるのがおすすめです。

満喫したいなら何泊すべき?

そんな魅力たっぷりの石川県ですが、満喫するためには何泊くらいするのが良いのでしょうか。これは行きたいスポットなどにもよるのですが、例えば金沢の観光スポットだけを巡るのなら1泊2日でも十分ですし、金沢と能登を楽しみたいのなら2泊3日程度を見ておけばいいでしょう。

金沢と温泉を楽しみたい場合も、金沢に1泊、温泉に1泊の2泊3日あれば十分楽しめるはずです。週末を狙って温泉を楽しみたいという人なら、温泉地に2泊3日というプランもおすすめです。いずれにしても 2泊くらいすれば石川県の魅力を存分に満喫できるといえるでしょう。


・石川には春夏秋冬それぞれの良さがある
・時期によってお祭りやイベントもあるので合わせて行くのがおすすめ
・温泉旅行なら2泊3日あれば十分満喫できる

石川県の温泉旅館、どこを選べばいい?



では最後に、石川県の温泉旅館に宿泊するならどこを選べば良いのか、そのポイントをいくつかご紹介します。

ホテルからの景観

せっかく自然がいっぱいで素晴らしい景色をたくさん持つ石川県に宿泊するのですから、宿からの景観の良さは外すことができません。ふと宿の窓から外を見たときの景観が良いと、それだけで癒やされる人は多いですし、とくに都会から訪れる人にとっては非現実的で日頃の疲れやストレスを忘れられる要素となります。

また、景観は季節によって違う顔を見せてくれるものですから、その景色を見ることによって春夏秋冬を感じることもできるはずです。最高の温泉に入って最高の経験の中で過ごせば、きっと心も体も一休みできることでしょう。

旅館までのアクセス

旅館までのアクセスも宿選びのポイントの1つとなります。駅から徒歩ですぐというのももちろん魅力的なのですが、もし駅などから離れていても無料送迎などを行っている宿は多く、そういったものを利用できるのであれば駅すぐなどの立地でなくても十分でしょう。

もし複数の場所をマイカーやレンタカーなどで巡る場合、行きたい場所へのアクセスがいいかを確認することも大切です。また駅すぐでなくてもバス停がすぐ近くにあるなら便利ですし、地元のバスに乗るというのもまた旅の醍醐味の1つではないでしょうか。

お食事

温泉旅館で温泉の他に重視するのはお食事だという人は多いのではないでしょうか。やはりその地に行ったら名産品や季節の味覚を楽しみたいものです。だからこそ、温泉旅館を選ぶ際は満足できる食事を提供してくれるかどうかが大切なポイントとなるでしょう。

石川県であれば海の幸やブランド牛、山の幸など多くの名産があるので、それを売りにしている旅館も少なくありません。温泉は良かったのに食事でがっかり…なんて事にならないよう、食事内容については事前にしっかりとチェックしておきましょう。


・美しい景観が楽しめる宿は癒やし効果バツグン
・駅から遠くても送迎のある宿ならアクセスは問題なし
・その地の美味しいものを提供している宿かどうかはチェック必須

まとめ


石川県は春夏秋冬いつ行っても魅力的なところがたくさんある場所なので、ぜひ一度訪れてその素晴らしさを体感してみることがおすすめです。また、素晴らしい景観や食事を楽しめる宿もたくさんあり、日頃の疲れを癒やしに訪れるにも最適でしょう。

また、素敵な町並みが残る温泉地もたくさんあります。温泉を求めて訪れる人も大満足の宿ばかりなので、旅行先に悩んでいるのなら石川県を選んでみてはいかがでしょうか。

記事一覧

記事がありません

表示する記事はありませんでした。