石川の温泉に行くならこの旅館がおすすめ!口コミで人気の温泉旅館を徹底比較し、おすすめ形式で紹介しています。

温泉の感触・入り心地は泉質で決まる。泉質ごとの特徴まとめ

公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/22


「次のお休みは温泉旅行に行こう」「どの温泉がいいかな?」といった計画は、考えるだけでワクワクしますね。しかし温度や色、におい、味、肌触りなどの特徴で分けられている数多くある温泉の中から自分のお気に入りを見つけるのはなかなか難しいのではないでしょうか。ここでは温泉の泉質ごとのお湯の感触や入り心地などについてご紹介します。

1.:単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉の浴感・肌ざわり

単純温泉は無色透明で無味無臭のものが多く、さらっとしていて刺激の少ないマイルドな肌ざわりが特徴です。体力の低下している人でも安心してゆっくりのんびりと浸かれ、赤ちゃんの初めての温泉として入るのにも最適な優しいお湯です。pH8.5以上のアルカリ性単純温泉は、肌の角質を落とす美肌の湯とされており、とろみのある浴感が味わえて、湯上りは肌がつるつる・すべすべになります。

塩化物泉は、海の近くに多く海水に似た食塩を含む温泉です。塩分主成分のため、お湯がパックのように肌の表面を包み込み、10分ほど入浴しているだけで汗がふきだしてきます。体の芯まで温まって湯冷めがしにくく、湯上り後もしっとりポカポカとした感覚が続きます。保温と保湿両方の効果が高いので、美肌や冷え性にも効果的です。湯の重みを感じるとろとろつるつるとした肌ざわりがたまりません。また、砂むし風呂でじんわりと温まる気持ち良さを体験してみるのもいいですね。

炭酸水素塩泉は、肌を鎮静させる作用がありリラックス効果が高いお湯で無色や緑灰色などがあります。とろとろとした美容液のような柔らかい肌ざわりで、湯がシルクのようにまとわりつく感覚が味わえます。肌の表面の皮脂を乳化させ、表面の古い角質や毛穴の汚れを落とす石けんのような働きによって、つるつるすべすべ感のある浴感が楽しめます。湯上りはさっぱりとしますので乾燥肌の人は保湿ケアを忘れずに。

2:硫酸塩泉、鉄泉、硫黄泉の浴感・肌ざわり

硫酸塩泉は肌の蘇生効果が高いといわれており、やけどや切り傷に効果があります。柔らかい浴感で肌を包み込むような心地よさを味わえます。含まれる成分によって浴感も異なり、カルシウム硫酸塩泉はかゆみを抑える効果があるため、乾燥肌の方向けで肌にハリと弾力を与えてくれます。ナトリウム硫酸塩泉は肌が荒れがちな方におすすめで、肌の水分を補ってくれてプルプルの潤い肌になれるアンチエイジング効果が高いです。マグネシウム硫酸塩泉は血圧を下げ、痛みを和らげる鎮静効果があります。

鉄泉は、空気に触れることで赤褐色や茶褐色、黄褐色に色が変化して情緒のあるにごり湯や湯の花を楽しめます。鉄の熱伝導率により保温効果が高く、体がぽかぽかします。肌ざわりは非常にマイルドで、引き締め効果が高く入浴後はハリと弾力のある肌になる効果があります。鉄特有のにおいがありますが、飲泉することで貧血症に効果があります。

硫黄泉は、透明なミルキーグリーンやエメラルドグリーン、にごり湯、湯の花が泥状になる泥湯などがあり、さまざまな浴感が楽しめます。硫黄成分の泥湯は肌にまとわりつく感じが独特で泥パックをすればなめらかすべすべの肌になります。酸性の硫黄泉は刺激が強く肌がピリピリすることもあります。毛細血管の拡張機能により血流が良くなることで、老廃物が運び出される新陳代謝により美肌効果があります。不要な角質を除去し、シミの素となるメラニンの分解作用もあるので、すべすべとした肌ざわりでくすみ対策や美白効果が期待できます。ぬるっとした独特の浴感が特徴です。

3:炭酸泉、放射能泉、酸性泉の浴感・肌ざわり

炭酸泉は入浴すると全身に炭酸の泡がついて爽快感があります。 泡が肌についたり離れたりする時のプチプチ・シュワシュワとした浴感によりしばらくお湯に浸かっているとくすぐったいような感覚になることもあります。低温の温泉が多いので、心臓に負担をかけることなくゆっくりと長く入っていることができ、炭酸ガスが体内に入ることで血行促進効果も高まります。泡がまんべんなく肌にまとわりついて心地よさが長続きします。

微量の放射性物質を含んだ放射能泉は、色やにおいもほとんどなく肌ざわりもさらりとしているのが特徴です。体をじんわりと深く温めてくれる浴感で、体の芯まで熱が伝わることで自律神経のバランスを整え、細胞が元気に育つことを促進してくれます。肌を引き締める効果も高く、ハリのある肌になります。入浴だけでなく飲泉や吸入などで体内に取り込むことで細胞を刺激して活性化を促進し、自然治癒力を高める効果があります。

酸性泉は、ピリピリとした浴感が心地よい泉質で、火山の多い日本では各地で見られる泉質です。3~5分浸かるだけで殺菌作用や免疫力の向上が期待できます。肌を引き締めてキメを整える効果もありますが、肌への刺激が強いので、入浴中は肌をこすらないように注意して早めに上がりましょう。最後にかけ湯をしてきちんと温泉の成分を洗い流してあがります。湯上りはさっぱり気分が良いだけでなくぽかぽか感が長く続きます。

 

泉質によって、さっぱりしたり、しっとりしたり、トロっとした浴感、ピリピリする肌ざわりなどさまざまなお湯が楽しめることがおわかりいただけたでしょうか。温泉によってはいくつかの泉質が混ざっている混合泉もあるので、効能だけではなく好みの浴感や肌ざわりを選択するポイントとして温泉旅館を探してみるのも楽しいですね。

石川でおすすめの温泉旅館ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名ランプの宿加賀屋松乃碧星野リゾート 界 加賀粟津温泉 法師
特徴最高の絶景が堪能できるパワースポットの宿伝統のおもてなしを大切にする宿美術館のような大人のための宿伝統を新しい感性で楽しめる宿美しい日本庭園と北陸最古の秘湯が楽しめる宿
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索